--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

noritake 調味料セット

2011
03/07
*Mon*
CATEGORY : スタジオ



ネットの中でさまよっているときに見つけた古いノリタケ製品。
ノリタケクラフトってなんぞ・・・と思い、スタジオに聞いてみると
あったよ~懐かしい~というお返事。
陶器は結構出ていますが、セットになった調味料いれはあまり見掛けたことがないし
未使用だったので買っちゃいました。

青とアンバーは塩こしょう入れ。
どこが塩コショウ入れなんだろうと思ったら、下に穴があいていてプラスチックの
ふたがついていました。
形がしゅっとしてていい!
これ1日800くらいできるんだよなーって先生が・・・
は はっぴゃく・・・8時間だと100個/時間 1.7個/分ってなに。

しょう油さしは今もあって、ノリタケからの注文で先生が作ってたりします。
いまはスキ(透明)のみかな。
この醤油さしはふたと口の部分の色は同じ。口は量が少ないからこの色になっちゃうらしい
冷めすぎでもこうなるとか。

からしいれは台のないワイングラスを小さくしてひっくり返した感じ。
わたしは下の受け皿(黄緑)にからしをいれるのかと思っていたら、上のスキの部分に
からしをつけてひっくりかえして固まらないようにしておくらしい。
足はためておいてひっぱるだけ、って簡単にいうのでやってもらってみたら
簡単そうだった・・・

しょう油さしとからしいれの下にはそれぞれ受け皿がついていて、昔はそれも吹いていたんだって。
吹くのも加工も大変そう。

1977年のカタログには調味料セットが2種類のっていて、それのひとつ。
上代5500円。
当時の5500円はいまのどれくらいなんだろう。
もう一つのセットにはソース入れがついていてそれも超かっこよかったです。

普段工場時代のことはあんまり言わないけど、この色はRの何番だとか色番がすぐ出てくるし
この形はこうだったとか、このデザインが売れたからこればっかり作ったとか
聞けば楽しい話がたくさん。
そんな先生たちが作った(かもしれない)ガラス。大事にしよう。

追記:ノリタケクラフトコレクションとして1991年から2000年くらいまで
販売されていた中には、しょう油さしの赤は含まれていない。

FC2 Management

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © 硝子 凛 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

glasslin

Author:glasslin
吹きガラスやってます

※掲載画像の使用、転載は
 ご遠慮下さい

 


 


 


 


 


FC2カウンター

 


 


 


QRコード

QR

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。